So-net無料ブログ作成
検索選択

20年前と、今と、20年後。【時間】について考えたという話。 [日々のこと]

昨日、應典院の前主幹である山口さんからメッセージをいただいた(ブログを読んでいただいてのメッセージだったので、このブログも読まれてしまうんだろうな、とか思いつつ)。今日は應典院の20周年記念で釈徹宗さんの講演を聞いてきた。

お二人がどちらも【時間】について言及されていたのが興味深かった。表現はちがったけど、時計が示すような絶対的な時間の流れと、個的で私的で主観的な、相対的な時間の流れについて、どちらも言及されていた。

表現が適切か分からないけど、ある種の最先端をいく「應典院的な」感性の持ち主たちが、同時多発的に同じ問題意識を提示して来られたのが興味深かった。もっとも、ご本人たちが「應典院的」と括られるのが本意かどうかは、さておいて。


そして、秋田住職のお話で、住職が應典院を再建された20年前、ピッタリ今のボクと同い年であったことに愕然とする。20年前に始まった。始めた。過去の延長線上に収まってる場合じゃねぇと、気合が入った。

『レクイエム』ガツンといきます!

+ + + 監禁ホラー + + +

應典院舞台芸術大祭space×drama◯参加
満月動物園『レクイエム』
戒田竜治:演出
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し):脚本

6月9日(金)?11日(日)
シアトリカル應典院

[新月]?ご予約・詳細
http://www.fmz1999.com/28th/


スポンサードリンク
Copyright © ネムリノソコ All Rights Reserved.