So-net無料ブログ作成

一二三さん。 [日々のこと]

小学生くらいの頃に、将棋が大好きだった時期があります。子供向けの将棋入門的な本を何冊か持ってたり。

そんな本の中で、気鋭の棋士として紹介されていた加藤一二三さんが負けて引退したというニュースに、なんだろう、なんでかホッとした。

【ホッ】の正体を探ると、なんらか区切りをつけることができたんだ、というところに起因するんだろうなぁ、と。

うーん。今は将棋にそこまで興味もないし追っかけているわけでもない。藤井四段の活躍で将棋界が注目集めてたりしたのもあるだろう。

だからこそ、いきなり訃報に接するのではなくて、「あー、あの一二三さんが」というタイミングに接せられたことに、なんだかホッとしたんだと思う。

小学生向けの将棋入門には、棋士たちが脚色込みでカッコよく描かれてる訳です。その中で中原名人とかカッコ良かったはずの人が、その後、林葉さんの話とかあってガッカリしたりしてました。

その中でパッと思い出せる、インパクトのある名前だったんです「一二三さん」。小学生的には「変な名前ー」って思ってましたけどね。

負けて引退っていう、節目のニュースに触れられて、なんだか分からないけれども、ホッとしたのでした。

取り立てて応援し続けた訳でもありませんが、おつかれさまでした。

ステキな引き際でした。


スポンサードリンク
Copyright © ネムリノソコ All Rights Reserved.