So-net無料ブログ作成
検索選択

勝ち方 [日々のこと]

同じ日に別のところで同じキーワードに触れて、なんだか唐突につながったことがある。

ひとつは應典院の秋田光軌主幹のツィート。




もうひとつは、なんとなく読んでいたWikipediaで、鈴木貫太郎(終戦時の首相)の項。

海軍の命令で学習院に軍事教練担当の教師として派遣された折に、教え子に吉田茂がいた。吉田は鈴木の人柄に強く惹かれ、以後も鈴木と吉田との交友は続き、吉田の総理就任後も鈴木に総理としての心構えを尋ねたと言われている。例えば、「吉田君、俎板の鯉のようにどっしり構えること、つまり負けっぷりをよくすることだよ」などと言ったことを伝えていたと言われている。 https://goo.gl/smmR2U


キーワードは「負ける」。

光軌主幹は「悲惨な事態」や「何気ない気持ち悪さ」に対処する一つの処方として信仰(の所作)を挙げ、それは「神仏に率先して負ける」ことだと言う。

鈴木貫太郎は吉田茂に総理としての心構えを「負けっぷりをよくする」ことだと説いた。

吉田茂が「よき敗者」を標榜していたことも思い出す。

吉田は「戦争に負けて、外交に勝った歴史はある」として、マッカーサーに対しては「よき敗者」としてふるまうことで個人的な信頼関係を構築することを努めた。 https://goo.gl/GgJkmy


勝手な解釈だけど両者に共通すると感じるのは、負け方を知らなければ、本当のところ勝ち方を知らないのと同じだと言ってるように感じた。

連想したのは、負け方を知らない常勝将軍が敗北していく滅びの物語は得てして「面白い」ということ。アタマによぎったのは「華麗なる一族」(山崎豊子)だったけど。

そして、両者の説く「負け」から瞼の裏に浮かぶ「負け姿」が、とても凛としていることも共通しているように感じた。

一敗地にまみれる。というような表現からは遥か遠くにある「負け」だと思った。

自分の努力ではどうしようもないことがあるということに、初めて気が付いたときのことを思い出した。

あのとき、凛と負けていられただろうか。

今は、凛と負けているだろうか。

本当のところ、勝ち方を知っているだろうか。



共通テーマ:演劇
スポンサードリンク
Copyright © ネムリノソコ All Rights Reserved.