So-net無料ブログ作成

「これ、ええんちゃうん?」を正確に [日々のこと]


image-20170519012229.png

今日からちょっと間、稽古はお休みに。稽古の進行的に割と順調なので、片岡自動車工業さんに河上由佳が、羊とドラコさんに丹下真寿美さんが出演中で、思い切って英気を養う週末としました。

週明けからは怒涛確定なので、英気を養う最後のチャンス。そして、ボク的には作業的なことはクリアしたい週末!

小道具を買い集めたり、材料を買い出しに行ったり。だいたいメドはついたので、ちょっと一息。

夜はもう半年ほど続けている会合に参加。アタマの体操。いろいろな知見に触れるのは楽しい時間。

とかなんとか、應典院の秋田光軌主幹がこんな記事をシェアしていた。

◉考える自由のない国―哲学対話を通して見える日本の課題
http://goo.gl/15xQe9

【ところが実際には、「何を言ってもいい」ということは、世の中でほとんどない。】

いやー、最近つくづく思うのだけど、だいたいにおいて言いたい放題言ってこさせてもらったなーーー、と。

記事は「何でも言える」ということは、「何でも考えられる」ということ、というような主旨を中心に展開されているんだけど、思い付いたら言わずにおれんところは自認していて、「これええんちゃうん?」と思ったら、ズケズケ言ってきたよなーーー、と。

「なんで、みんな言わないの?」と思ってたけど(その答えはまだよく分からない)、最近は「なんでボクは言うのか?」いうことを考え始めるほどに、好き放題言ってきたし、考えてきた。

まあ、その「考え」とやらが鋭いのかどうかとか、質の問題はさておき、「これええんちゃうん?」と思い立ったらウズウズが止められない。

どうせなら一緒に「ええやん、それ!」と言って貰いたいので、【自分が「ええやん」と思ったポイント】を出来るだけ正確に伝えようという努力はしてきた。子どもの頃に比べたら、だいぶ上達してるハズ。

「正確に伝える」のに、丁寧さが有効なときもあれば、パッションが有効なときもある。分厚い資料を渡した方がいいときもあれば、図表1枚の方がいいときもある。「ええやん」の「正確さ」は様々だし。

なんてことを考えてた。

幸せな人生だと思う。

父は晩年、自分の興した会社を引退してから「やりたいことを、やりたいように、やりたいだけ、やらせてもらった。もう悔いはなんにもない」と笑って酒をあおっていた。

うむ。まだ、ボクは晩年ではないな。それはちょっと烏滸がましいというヤツだ。「やりたいこと」を全然やり切ってない(笑

まずは、『レクイエム』にボクが抱いている「ええやん」を、「正確に」かつ余すところなく客席にお届けしたい!

丸尾くんのホンをやらしてもらうだけに、いつもと違う「届け方」が出来ることに、ワクワクしてます!

稽古場で発する言葉(いわゆるダメ出しってヤツ)も、いつもとちょっと違うのに気が付いてきました。

そして、あぁ、無理しなくても、というか肩に力入れなくても、丸尾くんとはホンの読み方がナチュラルに違うなぁってことも。

まもなく『レクイエム』開演、3週間前!

まずは皆さん、河上由佳出演の片岡自動車工業さんと、丹下真寿美さん出演の羊とドラコさんに足をお運びください!!!

その方が、『レクイエム』をより楽しく観られます。だって、全然違う2人を観れるから!

ぜひ!

image-20170519012244.png

そして、観た後は『レクイエム』を即予約ですよ!


+ + + 十年の純愛、監禁ホラー + + +

應典院舞台芸術大祭space×drama◯参加
満月動物園『レクイエム』
戒田竜治:演出
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し):脚本

6月9日(金)〜11日(日)
シアトリカル應典院

◉ご予約・詳細
http://www.fmz1999.com/28th/





スポンサードリンク
Copyright © ネムリノソコ All Rights Reserved.