So-net無料ブログ作成
検索選択
日々のこと ブログトップ
前の10件 | -

勝ち方 [日々のこと]

同じ日に別のところで同じキーワードに触れて、なんだか唐突につながったことがある。

ひとつは應典院の秋田光軌主幹のツィート。




もうひとつは、なんとなく読んでいたWikipediaで、鈴木貫太郎(終戦時の首相)の項。

海軍の命令で学習院に軍事教練担当の教師として派遣された折に、教え子に吉田茂がいた。吉田は鈴木の人柄に強く惹かれ、以後も鈴木と吉田との交友は続き、吉田の総理就任後も鈴木に総理としての心構えを尋ねたと言われている。例えば、「吉田君、俎板の鯉のようにどっしり構えること、つまり負けっぷりをよくすることだよ」などと言ったことを伝えていたと言われている。 https://goo.gl/smmR2U


キーワードは「負ける」。

光軌主幹は「悲惨な事態」や「何気ない気持ち悪さ」に対処する一つの処方として信仰(の所作)を挙げ、それは「神仏に率先して負ける」ことだと言う。

鈴木貫太郎は吉田茂に総理としての心構えを「負けっぷりをよくする」ことだと説いた。

吉田茂が「よき敗者」を標榜していたことも思い出す。

吉田は「戦争に負けて、外交に勝った歴史はある」として、マッカーサーに対しては「よき敗者」としてふるまうことで個人的な信頼関係を構築することを努めた。 https://goo.gl/GgJkmy


勝手な解釈だけど両者に共通すると感じるのは、負け方を知らなければ、本当のところ勝ち方を知らないのと同じだと言ってるように感じた。

連想したのは、負け方を知らない常勝将軍が敗北していく滅びの物語は得てして「面白い」ということ。アタマによぎったのは「華麗なる一族」(山崎豊子)だったけど。

そして、両者の説く「負け」から瞼の裏に浮かぶ「負け姿」が、とても凛としていることも共通しているように感じた。

一敗地にまみれる。というような表現からは遥か遠くにある「負け」だと思った。

自分の努力ではどうしようもないことがあるということに、初めて気が付いたときのことを思い出した。

あのとき、凛と負けていられただろうか。

今は、凛と負けているだろうか。

本当のところ、勝ち方を知っているだろうか。



共通テーマ:演劇

誇りを継承する [日々のこと]


image-20170627202354.png


『誇り』って言葉に不意打ちをくらって、ブハっと涙が出た。誇り。誇り持って生きたいですねぇ。

タカタの倒産(でいいのかな)のニュースで創業家社長がついに被害者に対するお詫びの言葉はなかったというのがあった。『誇り』は継承されなかったのだろう。

イメージだけどトヨタの豊田家では『誇り』が継承されてるような気がする。イメージだけど。豊田家に知り合いいないし。

なにかを継承しなくちゃいけないならば、継承すべきは『誇り』なんだろうなぁと、不意打ちくらって考えこんだ。

資産とか技巧ではなくて『誇り』。

タカタとかトヨタとかからは一気にミニマムなんだけど、卑近では劇団内の先輩後輩間の継承でもそうなんだろうと思う。

今、年齢的に先輩から継承し、後輩に継承していく立場にあるのを感じていて、ブハッと涙出てから、なんか考えこんでしまった。




ありがとう。スペドラ。 [日々のこと]


image-20170627014231.png

『スペドラ大クロージングトーク』終わりました。キンチョーしたなぁ。。。

第1回の2003年優秀劇団の劇団鹿殺しさんから、最後2016年優秀劇団の遊劇舞台二月病さんまでの登壇で(満月動物園は2004年でした)、足かけ15年。単に回顧し感謝するというのではなく、『終わりの会』にも関わらず次について語りたいという、寺の永続性を強く意識した進行であったと思います。

今の立ち位置も問題意識もバラバラの人たちが、ひとつところに居るということが、たぶん得がたい話なんでしょう。その「とっちらかり」感が應典院という場の魅力であったりもするんだと思います。

丸尾くんともゆっくり話せて良かった。

image-20170627014251.png

続けることは、別れと同義なところもあります。劇団なんてやってると、出会いより別れのほうが際立つものだとも思います。満月動物園だって、旗揚げから考えると今いる人よりやめてった人の方が多いです。

なんかそんなことを考えてると、今日あの場にあれだけの方が時を同じく出来たことが、とても尊いことだと感じていました。意見の違いや見てるものの違いはあるけど、それが逆に、そんな人たちがひとつところに居た時間を、一生忘れないんだろうなぁと思います。

やっぱり、劇団でも会社でも続くにはどこかで意志・意見の統一を図っていかないといけない。漫然とは続かない。普段、どうしてもそっちばかりに目が向いているのを、なんの統一もみない場に時間を共有する尊さ(大げさなら「面白さ」)に、なんだかありがたい時間だなぁとしみじみ思っていました。

そして、幕の降りたスペドラですが、鳴り止まないアンコールの声にお応えすべく(鳴り止んでません)、7月にはスペドラ◯アンコールとして、MicroToMacroさんの公演があります。ぜひぜひ、足をお運びいただきたいと思います。

万感の想いと言うには、まだ、ちょっとくたびれてて、これからジワジワやってくるものがあるんだろうなぁと思います。

スペドラ15年の一つひとつの公演に足をお運びいただいたお客様お一人お一人も含め、関わってこられた皆さま、おつかれさまでした。


遠くデンマークの山口さん。山口前主幹。スペドラは、「スペドラらしい大団円」であったと思います。

2003年にお世話になりました川井田さん。たぶん、どこにも着地しないまま、それぞれがそれぞれのスペドラを胸に持っています。

池野さん、ピリッと通していただいた「筋」は、まだボクのなかの大事な指標のひとつです。

おいしいお酒をいただきました。

皆さま、ありがとうございました。

ありがとう。スペドラ。





おしまい [日々のこと]

115.jpg

週末は、金曜日に遊撃舞台二月病さんを観て、土曜日に鹿殺しさんの『電車は血で走る』を観て、日曜日に鹿殺しさんの『無休電車』を観ました。

スペドラのホントのホントの最後の作品になる二月病さんと、スペドラの最初の鹿殺しさんの作品と、それから『レクイエム』に脚本を提供してくれた丸尾くんの作品と、なんか色んなものがナイマゼになって、アタマとココロがぐるんぐるんした週末だった。

『無休電車』を観た後、同じ回を観ていた『レクイエム』メンバーと一緒に楽屋に丸尾くんを訪ねて、なんかようやく『レクイエム』が終わった気がした。いや、そのあと飲みに行けた戎屋海老さん・河上・諏訪と一緒に話をして、ようやく自分の中で終わったんだと思う。

河上は『丸尾くんに「レクイエム、ありがとー」と言ってもらって、終わった気がした』と言っていたけど、確かにそれもある。鹿殺しの金曜日の初日を観てた丹下ちゃんからも「観ましたー!」というメールをもらったんだけど、同じ気持ちだったんじゃないかと思う。

最後のスペドラになった「スペドラ○(わ)」は、去年の8月に1回目の会議をして、なんならその前から調整に加わってたりして、結局、丸一年、走り続けた気がする。実行委員で参加した皆さんがやりたかったことを、出来る限りカタチに出来たのではないかと思う。

自分の「やりたいこと」だけでなく、ほかの方の「やりたいこと」のために汗をかく機会というのも、そうそうない。最後は自分の作品である『レクイエム』に全力疾走で、なんとか終りを迎えることが出来た。

そして、二月病さんの公演をもって幕を降ろした。今日は、これから『大クロージングトーク』に出席して、ようやく終わりだ。

くたびれた(笑

自分のことしか興味ない人や、ほかの人のために動き回る人や、いろんな人たちが集まってスペドラ○の実行委員会は今日でおしまい。

誰かが最後のスペドラ、スペドラ○を「長い告別式やなー」言うてたけど、しみじみその通りだとおもう。もう少しだけ余韻にひたって、それから次のことを具体的に考えていこう。

いや、具体的でなくはやりたいことがどんどん湧いてきてるんですけどね。カタチにするエネルギーを使い果たし気味。

色んなものをナイマゼにしたままに、今日はふわふわと過ごしてみよう。



共通テーマ:演劇

一二三さん。 [日々のこと]

小学生くらいの頃に、将棋が大好きだった時期があります。子供向けの将棋入門的な本を何冊か持ってたり。

そんな本の中で、気鋭の棋士として紹介されていた加藤一二三さんが負けて引退したというニュースに、なんだろう、なんでかホッとした。

【ホッ】の正体を探ると、なんらか区切りをつけることができたんだ、というところに起因するんだろうなぁ、と。

うーん。今は将棋にそこまで興味もないし追っかけているわけでもない。藤井四段の活躍で将棋界が注目集めてたりしたのもあるだろう。

だからこそ、いきなり訃報に接するのではなくて、「あー、あの一二三さんが」というタイミングに接せられたことに、なんだかホッとしたんだと思う。

小学生向けの将棋入門には、棋士たちが脚色込みでカッコよく描かれてる訳です。その中で中原名人とかカッコ良かったはずの人が、その後、林葉さんの話とかあってガッカリしたりしてました。

その中でパッと思い出せる、インパクトのある名前だったんです「一二三さん」。小学生的には「変な名前ー」って思ってましたけどね。

負けて引退っていう、節目のニュースに触れられて、なんだか分からないけれども、ホッとしたのでした。

取り立てて応援し続けた訳でもありませんが、おつかれさまでした。

ステキな引き際でした。


出来ない、やらない、分からない [日々のこと]

出来ない理由、やらない理由、分からない理由は聞き飽きた。それは、多分ふだん、出来るためには、やるためには、分かるためには、にアタマをひねり汗をかき続けてくれてる俳優さんたちスタッフさんたちに囲まれているからだろう。

ありがたい限りだ。どんな困難なことでも「どうしたら出来るか」を発想の起点においてくださる。

そりゃカンタンですよ。出来ない理由を並べる方が。でも、幸せなことにそんな人が周りにいない。分からないことは理解しようとする姿勢を持たない言い訳にはならないことを、皆さんよくご存知だ。

もう、一人ひとり名前を挙げていけないけど、みんなスゴイ。ホンマに恵まれてるんやなぁと思う。なんでも出来るようになるし、やるし、分かろうとする。

だから、ボクも頑張れる。そんな人たちに胸を張って生きていきたいし。

しみじみ自分の幸せを噛みしめた。


終わったり、終わらなかったり [日々のこと]

もう本番が終わって4日も経つのに、毎朝『レクイエム』の段取りを変更したり追加したりする夢で目がさめる。なんなら、昼間にウトっとしたときも同じ感じで目がさめる。終わらねー。

スペドラはいよいよ最終コーナー。Mayさん、遊劇舞台二月病さんで、いよいよグランドフィナーレだ。終わってくなぁ。

あの卒業アルバムの書き割りに使ってた木材は実は2003年の最初のスペドラの舞台美術に使ってたやつ。物持ち良すぎという気もするけど、スペドラの最初と最後に舞台に上がるのを倉庫で待っててくれたのかもしれない。というのはムリクリ感傷的すぎるか(笑

『レクイエム』こばなし。 [日々のこと]

『レクイエム』こばなし。



◉終演のご報告動画を作成しました。

◉立場上、何回も本番を観るワケですが、オープニングのウタのシーンで『幻の同窓会』的に女子がキャイキャイやってる中にハマダヨウコが楽しそうにとけ込んでいるのを見るのが、実は一番胸に堪えた。

101.jpg

こんなふうになりたかったんだろうなぁって、なんでもない風景なのに、ハマダヨウコ視点で観るとあまりにも遠くて、胸が張り裂けそうになってた。

普通に分かり合える友だちがいて、家族がいて、いやそれって大多数がそうなんだけど、そうでないところからの視線を痛烈に感じた作品だった。

服部先生も事故や石橋とのことで、社会的にパージされてる背景が見て取れるし、雲雀にしても石橋にしても、いわゆる『社会的に孤立してる』ってヤツだ。

3人ともに心を通わせられる友人の存在は見て取れない。孤立した者同士がそうではなかった過去をよすがに一夜の宴を開いた晩から始まる物語だった。

104.jpg

丸尾くんのホンには『バイトで店長』『バイトリーダー(に出世)』って設定がちょいちょい顔をのぞかせる。ソコと紙一重のところをエイヤッと駆け抜けた残り香のように思う。

翻ってボクのホンに出てくる人たちは、だいたい普通に会社員だ。希蓉美ちゃんに書くことの多いフリーターのシンガーという役が特殊で、概ね社会と問題なくコミット出来ている人たちの物語だ。

いや、バイトリーダーの生き様を社会とコミット出来てないと言いたいわけではないんだけど、なんていうか『私もバイトやん。私の人生しょーもなー』ってセリフはボクの中からは出てこない。

自己肯定感が低いというか、自尊心が低いというか、そういう人たちだけの物語だった。だからこそ、彼らが大切にしているものの尊さがより光っていたように感じながら製作していた。

その光は明らかに妖しい光だったりするんだけど、それも「そちら側」にいないからこそ妖しく輝いて見えるんだろう。

人を求めることの切実さが、ボクの書く物語とは段違いに違う。その中でも、雲雀と石橋に比べるとハマダヨウコはより切実でより餓えている。ハマダヨウコが服部先生に抱いた気持ちを単に『恋心』と片付けるのには躊躇いがある。

だけど物語においては、その餓えや切実さを暴力であったり嘘をついたり、振る舞いでダイレクトに表出させる石橋がもっとも主人公然としている。非業の最期を迎えるところまで。

その最期に、自分が逃げることより『先生、逃げてー!』と絶叫するところに、彼女の悲しさと愛おしさと美しさがある。あんなに身勝手であったのに、もっとも身が切迫した場面において吐く言葉に、人を求める切実さが凝縮していた。

最初にもどって、石橋もまた嘘や暴力という手段をとらずに『幻の同窓会』のような和やかさの中に生きることはできなかったのかと、悲しくなる。

113.jpg

ハマダヨウコの双子の姉のハマダユウコ、河上の二役だったが、彼女もまた社会的にうまくコミットして生きることが出来ているようには思えない。が、なんとか折り合いをつけているという哀愁が漂う。

その点は雲雀にも共通したものを感じる。あんなことにならなければ、自尊心を持てぬままにもなんとかかんとか折り合いをつけて生きていっただろうし。

そんなこんなが、『幻の同窓会』での和やかでみんな仲良く、そして朗らかな彼女らの歌声を聞くたびに胸に突き刺さっていた。そこにはちゃんと或る女(猫)もいる。

109.jpg

丸尾丸一郎の世界観ではあるのだけど、その『幻の同窓会』に或る女(猫)は登場するのにコックは登場しない。このコックこそ最も孤立していただろう。彼がなぜあの蛮行に及んだのかは描かれていないが、その背景に孤立をもってくることに違和感はない。

仮にあれがハマダヨウコの観る幻だったのだとすれば、友人たちがいればコックは要らなかったのだとも読めて、それはそれで悲しい。

まあ、ストーリーラインとは大きく関係はないので、個人的な感慨の域は出ない。

◉『山犬』観たときから思ってたが十年も腐り続けたら、それはもう腐敗やなくて発酵や。いい匂いがしてもおかしくない。

◉終わってから積み下ろしのあとで「石橋がチョコレートに何を入れたら、そんなことになるのか」という笑い話で盛り上がった。きっとヤバいものが入っていたんだろう。

◉「ビーフ」カレーの肉は、牛や。

◉むかしむかしに照明をしたダンス公演で、女性がフルヌードになるシーンがあったんだけど、実際にフルヌードになったのは本番だけで、稽古もリハも服を着てやってた。
丹下ちゃんが服部先生に迫るシーンが、本番だけがガチで良くて、なんかそんなことを思い出した。

105.jpg

こばなし、おしまい。
また、なんか思い出したら書きます。

115.jpg

◉河上がブログを「山小屋に朝が来ました」で締めていたのは、素直に『良いなぁ』と思った。

https://goo.gl/w7Quyr

↑コチラ




共通テーマ:演劇

『レクイエム』全日程、終了しました! [日々のこと]

『レクイエム』全日程終了いたしました。お忙しい中、足を運んでいただきました皆さま、ありがとうございました。

スペドラの最後に花を添えるために組まれた、1回目の優秀劇団である鹿殺しと2回目の優秀劇団である満月動物園とのコラボ公演、丸尾くんとのコラボでした。

こういうカタチで区切りをつけられることは、意外に人生では稀なことのようにも思いますので、かなり幸福なことなんだろうと思います。

なんやかやで有耶無耶に自然消滅的に終わっていくことも多いと思っておりまして、明確に記念碑的な作品を作れたのは、巡り合わせの妙とスペドラ主催の應典院寺町倶楽部さんの志の高さのおかげでありましょう。

そして、その「区切り」に全力投球で参加してくださった俳優陣。全力投球の全力疾走で一緒に駆け抜けていただきました。

あまりぶっちゃけることでもないのですが、正直、まったくミスのないステージはありませんでした。それでも『守りに入るな』『攻め続けよう』と言い続けたのはボクで、俳優陣はそれに応え続けてくださいました。

『落ち着いて』『丁寧に』と指示することは一度もありませんでした。ボクの現場では珍しいことです。その責はすべてボクにありますが、ボクが観たかった景色まで、俳優陣に連れて行ってもらいました。ありがたい限りです。

そしてスタッフ陣。ありていに言えば『いつもと違う』満月動物園を、しっかりと支え続けてくださいました。もうなにもかもがタイトな中、きっちりと立ち上げてくださいました。

ところで、これまでの満月動物園の公演では考えられないくらいに、アンケートやSNSでいただいた感想に幅がありました。それも、丸尾脚本の間口の広さということなんだろうと思います。

それぞれがそれぞれの物語を持ち帰る、そんな間口の広さがあればこそ1万人を動員するような劇団に成長していったんだろうと、納得するものがありました。

あなたの「ハマダヨウコ」はどんなでしたでしょうか?

そんな中でも、戒田脚本の方が好きというお言葉もチラホラいただきまして、それはそれで嬉しくもありました。丸尾脚本は鹿殺しで楽しまれるのが一番です。

まだ、ボクの耳に届いてないだけかもしれませんが、『丸尾脚本をこんなふうにやりやがって』という鹿殺しファンの方の声がなかったことに、胸をなでおろすところもあります。大事な友だちである丸尾くんや鹿殺しさんの足を引っ張るようなことになるのはイヤだったので。

2003年の1回目のスペースドラマから始まった、丸尾くんや鹿殺しさんとの物語にひとつの区切りがついたことに、肩の荷を下ろした感があります。出来て良かった。

劇団員の河上も諏訪も西原も、今回の機会がなければあんな役に巡り合うこともなかったかもしれません。多分に滋養となることでしょう。

河上といえば、片岡自動車工業さんのゴールデンレトリーバーからのハマダヨウコという振れ幅よ。丹下ちゃんのウガツからの石橋もそうだけど。丹下ちゃんが「脳がいたい、脳がいたい」といいながら頑張ってくれたのもありがたい限りです。
二人とも、すでに頑強な俳優としての足腰がさらにビルドアップされた感じです。一歩がデンプシーロールを身につけたときのようです。ガゼルパンチだけじゃ不満なのかよ的な。

諏訪のガチなダンスを作品に取り込めたのも嬉しかった。楽屋での佇まいもダンサーさんのもので、心地よい緊張感を身にまとっていました。

コーラス部設定は西原のウタを作品に取り込むために丸尾くんと話し合って決めたものです。最後の独唱は胸に刺さりました。みじめさをあんなに美しく体現できるとは新しい発見でした。でも、痩せろ。

戎屋海老さんは、若い頃から憧れの俳優さんで、でも実はこんなにど真ん中に立っていただいたのは初めてでした。やっぱり好き。最大に好きなところは笑顔です。なんなんでしょうね。悪意のかけらも感じさせないのに、ザワザワさせられるあの笑顔。

近藤ヒデシくんとは長い付き合いですが、今回ほど難航した作品はなかった。でもおかげで観たことないヒデシくんになってたとボクは思ってます。役に対するアプローチが普段と全然違う。たどり着いたところが普段と似てたとしても。

中村ゆりさんがあのポジションに控えていてくださることが、どれだけ安心できたか。単なる賑やかしのようになってもおかしくないポジションを、作品世界の基盤にまで持っていってくださったのは、ゆりさんのチカラでした。基盤は基盤であるが故になかなか気づかれませんが、本当にすごいことやってくださいました。

湯山佐世子さんとはヒョンなカタチで知り合いまして、トントントンと出演いただくところまで行きましたが、実にキュートでかつクレバーで、ご一緒できて嬉しかったです。

笹川も劇団員としては初めての本公演で、実力者ばかりに囲まれて良い経験になったことと思います。これからが楽しみです。

それから、声の出演をしてくれた乃神亜衣子(井上亜紀)は満月動物園の旗揚げメンバーで今は東京で声優さんをされてますが、17年ぶりに一緒にやれましたし、本番初日には東京から駆けつけてくれて、打ち上げまで残ってくれました。同じく旗揚げメンバーである原典子と一緒にクレジットに名前を載せられたのが嬉しかったなー。

アフタートークゲストにお招きした浦部さんは大学の先輩で(10年以上先輩ですが)、ボクや河上の初舞台から観ていただいていますし、本当にたくさんのことを教えていただきました。照明の増員として初めてギャラをくださったのも浦部さんでした。あの5000円嬉しかったなー。ここで改めてボクの作品を浦部さんの言葉で語っていただけたのはとても嬉しかったです。

このお二人だけでなく、『区切り』の公演に様々な方々にお立ち会いいただけたことを幸甚に感じます。

ボク個人的には次に進むための区切りという訳ではなかったので、今のところ次のことは思い描いておりませんが、ゆっくりと『レクイエム』を咀嚼し反芻し、次に向けて腰を上げていこうと思っております。

つらつらと長文になってしまいました。

皆さま、本当にありがとうございました。

本日11日、千秋楽です。 [日々のこと]


image-20170611003827.png

監禁ホラーである。最初に丸尾くんと公演自体の打ち合わせをしたのは東京のサンシャイン劇場のロビーでした。それから最初に作品内容の打ち合わせをしたのは應典院のロビー。

寺院劇場・應典院に相応しく「祈りの場」の物語にしようと打ち合わせた、監禁ホラーである。

作品構想を聞いて「純愛の話やから」と言われ、あまりピンと来てなかったけど、脚本届いて読んだだけで涙のこぼれた監禁ホラーである。

まもなく幕の開く、十年の純愛・監禁ホラーである。

こんなにガッツリ丸尾くんとやることは、もう二度とないやろなぁと二人とも薄々思いつつ、最初で最後の作品になるであろう、監禁ホラーである。

とにかく、二度とないだろうから、どうしても観てほしい監禁ホラーである。まぁ、色々とご事情はあろうかと思いますが、とにかく二度とないんだぜ?

丹下真寿美が、戎屋海老が、中村ゆりが、湯山佐世子が、近藤ヒデシが、河上由佳が、西原希蓉美が、諏訪いつみが、笹川未希が、丸尾丸一郎の新作書き下ろし脚本で、ワタクシ戒田が演出で演じることなんで、二度とないと思うんだ。

そして、ゼヒ観てほしいと胸を張れる作品に仕上がってきた。

俳優さんひとり一人に、こんな丹下真寿美二度と観れないかも? こんな戎屋海老二度と観れないかも? こんな西原希蓉美二度と観れないかも? こんな河上由佳二度と観れないかも? ...と、思いながら演出席に座っています。

色んなご事情は、観たあとからでもどうにかなるかもしれませんが、『レクイエム』は、とにかく、二度とないんだぜ。

明日はまだお席がご用意できます。

ゼヒ観てほしい。

とにかく、二度とないんだぜ。


+ + + 十年の純愛、監禁ホラー + + +

應典院舞台芸術大祭space×drama◯参加
満月動物園『レクイエム』
戒田竜治:演出
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し):脚本

6月9日(金)?11日(日)
シアトリカル應典院

?特設サイト
http://www.fmz1999.com/28th/

前の10件 | - 日々のこと ブログトップ
スポンサードリンク
Copyright © ネムリノソコ All Rights Reserved.