So-net無料ブログ作成
日々のこと ブログトップ
前の10件 | -

幕が開く [日々のこと]

幕が開くってことが、ちょっとした奇跡なんだぜってことが、とてもとても身に染みたのが、一人芝居フェスINDEPENDENTセカンド・シーズン・セレクションの沖縄公演だったのを思い出していました。

もう、みんな積み上げて積み上げて、幕の開く瞬間に向けて準備してる。それは、お客様だって日程調整してくださったり、数ある公演の中から選んでいただいたり、その邂逅は奇跡とも呼びたくなる。

幕を対峙するすべての人が、積み上げて積み上げて、最高の時間をつくろうとしている。でも、崩れるときもある。地震なんかその最たるものだと思います。だから、開く幕はいつだって尊い。

今日の片岡自動車工業の幕は無事に開いたようで、その場にいられないのに、なんだか胸が熱い。

沖縄で、谷屋くんの「はやぶさ」の幕が開いたときの感動となんだかダブる。あの作品もたくさんの知恵がないと成立しない作品だった。(ボクの「赤猫ロック」はある意味、蛍光灯の下でも成立する作品でした。もちろんフルスペックの方がより良いけど)

たくさんの知恵と思いが交差して、幕は開く。

これからも無事に幕が開いてほしい。
感謝を捧げつつ。

今週の公演がみんなみんな成功しますように!! [日々のこと]

飛び起きた。なんじゃらほいと思ったら、緊急地震速報がビービー鳴ってて、「地震や!」と分かった。とっさに枕で頭を守ってベッドでうずくまってたら、「大丈夫!?」と妻に呼ばれた。

あそこは、ボクが声をかけるべきトコやったんやないかと、一日考えて過ごした。むー。

とか書いてたら余震。

変なもので、もっとデカイの来るんやないかと思ってるので、余震にホッとする。

満月動物園の諏訪がお世話になってる片岡自動車工業さんは、昨日の公演が中止になった。対応の素早さに敬服するのと、無念さを思うとやりきれない気持ちにもなる。

明日以降の公演が成功することを祈らずにいられない。いや、きっと成功させはることだろう。

今日からはトライアルだし、週末は應典院の縁劇フェスだ。ほかにも今週末の公演はたくさんある。

みんなみんな、想いの丈を込めて長く準備してきた本番だ。デートの時間もバイトの時間もほかに出来たであろうことの時間を削って、稽古時間を積み重ねてきての本番だ。

小劇場の本番はナリは小さくとも興行であるという面が小さくなく、カンタンに延期とかできない。

命あっての物種で、地震対策としてはここ1週間くらいは注意が必要というのは正論だけど、本番は思い切り成し遂げてほしい。

でも、安全第一で。

今週の公演がみんなみんな成功しますように!!

米朝首脳会談の思い出 [日々のこと]

人はどんな夜でも寝る。

選挙に負けた候補者。総選挙に負けた首相。

どんな思いで枕に頭を沈め、眠りの淵を渡るのか、いつも想像をたくましくしてきた。

米朝首脳会談の前夜、、、トランプ大統領はシンガポールのたぶん初めてのホテルで、どんな思いで眠りについたんだろう、と思いを馳せていた。。。



会談後の記者会見。

トランプ「25時間寝てないが...」



寝てなかったんかーい。と思った。



結構、想像力をたくましくしてたのに...orz


というだけの話。



俺なり米朝首脳会談の思い出。


おそまつ。


トンボリ心中、無事に終演いたしました! [日々のこと]


image-20180604012946.png

『道頓堀心中冥土往来』無事に全日程を終えることができました。毎回、たくさんのお客様に足をお運びいただきまして、ありがとうございました!

たくさんの想いが結集した舞台に、やはり舞台は役者さんとお客様のものだなぁと感じられる時間でした。

背景となる様々な想いは深く豊かにしてくれますが、あの時間の真実を紡ぎ出すのは、やはり俳優さんたちであり、それを受け取ってくださるお客様です。

演劇をとことん解体したなら、照明がなくても演劇だし、小道具がなくても演劇です。最後の最後は脚本だって演出だって要らなくて、演劇を演劇たらしめる最後のひとつは俳優だと思ってこれまでやってきました。

俳優さんたちのチカラが、『艶笑喜劇・道頓堀心中冥土往来』の時間を真実にしてくださいました。たくさんの稽古時間を割いて、ひとつの世界を立ち上げてくれたことに感謝しかありません。

それは、その背景となる様々に交錯する思い。仏さまのまなざし、死者と相対すること。お寺と演劇。應典院とはなんなのか。それらは「企画主旨」であったりするわけですが、それを見事に背負って舞台に立ってくれたことに、胸いっぱいです。

失うものはなにもなく、得るものばかりでした。ボクの大切な宝物を俳優さんたちが、またひとつ増やしてくださいました。

そして、脚本の陸奥さん、秋田住職をはじめとする應典院の皆さま、力強いスタッフの皆さま、さらには阿弥陀さま、たくさんのお力添えをいただきまして、舞台が立ち上がりました。改めて感謝の念を噛みしめております。

それらすべてを受け止めてくださる、お客様あっての演劇です。どうか、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

大切なお時間を割いて、足をお運びいただきまして本当にありがとうございました。なにかしらお持ち帰りいただけたなら幸いです。また、どこかでお会いできたならさらに幸いです。

ありがとうございました!

笑ったもん勝ち【トンボリ心中 まもなく!】 [日々のこと]


image-20180529013805.png

『艶笑喜劇・道頓堀心中冥土往来』、いよいよ佳境です。

なんだか、宣伝になるのかならないのか分からない話ですが、、、

愛する人と死別するというだけで充分以上に悲しいことで、仏教では「愛別離苦」というネーミングで人がどうしても避けられない8つの苦しみのひとつに数えられていたりもします。

なのに死なない人間はいないので、人が生きてる限り必ず死別の悲しさは避けて通れないわけで、せめてそれ以外のことは笑って過ごしたいなぁ、なんて、今日の稽古で思ってしまいました。

いや、お話はスカッと楽しめる『艶笑喜劇』なんですよ!!! きっと人生を笑って過ごすヒントになるような、バカバカしさ!!! だからこそ、笑って過ごしたいと心新たにしたのでしょうか!?


そして、素晴らしい俳優陣に恵まれました。【一丸】というのではありません。個々が個々に素晴らしく、個々が個々に魅力的で輝いてくれています!!!

ぜひぜひ、俳優一人ひとりを体験していただきたいと思っています!

ご来場、心からお待ちしておりますm(_ _)m

+ + + 来てね。 + + +

應典院寺町倶楽部主催事業
第70回寺子屋トーク
艶笑喜劇『道頓堀心中冥途往来』
【演劇公演とトーク】
作:陸奥賢
演出:戒田竜治(満月動物園)

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/

日程:2018年
6月2日(土)17:00
6月3日(日)11:00/16:00
※受付・開場は開演の30分前
※各回終演後にはアフタートーク的シンポジウムあり
ゲスト:2日17:00 秋田光彦(浄土宗大蓮寺・應典院住職)
3日11:00 佐々木ヤス子(女優/寺の娘)・泉寛介(baghdad café 作・演出)
3日16:00 秋田光軌(浄土宗應典院 主幹)

出演:
白井宏幸(ステージタイガー)
髙道屋沙姫(かまとと小町)
ルーデルマン大地(遊劇舞台二月病)
浦長瀬舞(劇団冷凍うさぎ)
河上由佳(満月動物園)
殿村ゆたか(Melon All Stars)
近藤ヒデシ (CONPLETE爆弾)

佐々木ヤス子 ※声の出演

会場:浄土宗應典院 本堂

チケット:日時指定・自由席
前売 2,800円/当日 3,000円
ペア 5,000円(前売のみ)
應典院寺町倶楽部会員 2,000円

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/


河上由佳【トンボリ心中 出演者紹介】 [日々のこと]


image-20180528135122.png

『道頓堀心中冥土往来』出演者紹介の最後は、トラフグのオフクを演じる、満月動物園の河上由佳です。

殿村ゆたかさんとペアでトラフグの物語を描き出してもらいますが、思い返せば13年前に殿村さんと初めてご一緒させていただいたときも、河上と対になる役でした。

たぶん、この二人が並んでるところが好きなんですね。どこまでも行っちゃいそうな感じがします。

昨年は片岡自動車工業さんでゴールデンレトリバーという役をいただいた直後の公演で、丸尾丸一郎さん脚本の満月動物園『レクイエム』でハマダヨウコという役を演じ、あまりのギャップにお客さまから「あのゴールデンレトリバーやってた人ですよね?」という声をたくさんいただいた河上ですが、今回は大丈夫!

ゴールデンレトリバーの河上が気に入った方、ぜひいらしてくださいませ! ハマダヨウコが気に入ったお客さま、ぜひギャップを楽しみにいらしてくださいませ!

ぜひ!

+ + + 見えますか? + + +

應典院寺町倶楽部主催事業
第70回寺子屋トーク
艶笑喜劇『道頓堀心中冥途往来』
【演劇公演とトーク】
作:陸奥賢
演出:戒田竜治(満月動物園)

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/

日程:2018年
6月2日(土)17:00
6月3日(日)11:00/16:00
※受付・開場は開演の30分前
※各回終演後にはアフタートーク的シンポジウムあり
ゲスト:2日17:00 秋田光彦(浄土宗大蓮寺・應典院住職)
3日11:00 佐々木ヤス子(女優/寺の娘)・泉寛介(baghdad café 作・演出)
3日16:00 秋田光軌(浄土宗應典院 主幹)


出演:
白井宏幸(ステージタイガー)
髙道屋沙姫(かまとと小町)
ルーデルマン大地(遊劇舞台二月病)
浦長瀬舞(劇団冷凍うさぎ)
河上由佳(満月動物園)
殿村ゆたか(Melon All Stars)
近藤ヒデシ (CONPLETE爆弾)

佐々木ヤス子 ※声の出演

会場:浄土宗應典院 本堂

チケット:日時指定・自由席
前売 2,800円/当日 3,000円
ペア 5,000円(前売のみ)
應典院寺町倶楽部会員 2,000円

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/


殿村ゆたか【トンボリ心中 出演者紹介」 [日々のこと]


image-20180525150555.png

『道頓堀心中冥土往来』の出演者紹介も大詰め、トラフグのジヘイを演じていただきます殿村ゆたかさんです!

ご一緒させていただくのは、実に8年ぶり。死神シリーズ『ツキノオト』の初演以来です。その前の5年間はほぼ全作品出演していただいていたので、いつの間にそんなに時間が過ぎていたのか、うかうかしてられません。

サブストーリー的な、フグのカップルの物語。ですが、これが深い。破壊的に深い。勢い余って深さを破壊する勢い!

いまや、皆さまご存知!殿村ゆたか!という俳優さんになられましたが、今回もその魅力を惜しみなく発揮してくださっています!

ぜひ!


+ + + これがオレの子! + + +

應典院寺町倶楽部主催事業
第70回寺子屋トーク
艶笑喜劇『道頓堀心中冥途往来』
【演劇公演とトーク】
作:陸奥賢
演出:戒田竜治(満月動物園)

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/

日程:2018年
6月2日(土)17:00
6月3日(日)11:00/16:00
※受付・開場は開演の30分前
※各回終演後にはアフタートーク的シンポジウムあり
ゲスト:2日17:00 秋田光彦(浄土宗大蓮寺・應典院住職)
3日11:00 佐々木ヤス子(女優/寺の娘)・泉寛介(baghdad café 作・演出)
3日16:00 秋田光軌(浄土宗應典院 主幹)


出演:
白井宏幸(ステージタイガー)
髙道屋沙姫(かまとと小町)
ルーデルマン大地(遊劇舞台二月病)
浦長瀬舞(劇団冷凍うさぎ)
河上由佳(満月動物園)
殿村ゆたか(Melon All Stars)
近藤ヒデシ (CONPLETE爆弾)

佐々木ヤス子 ※声の出演

会場:浄土宗應典院 本堂

チケット:日時指定・自由席
前売 2,800円/当日 3,000円
ペア 5,000円(前売のみ)
應典院寺町倶楽部会員 2,000円

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/

近藤ヒデシ【トンボリ心中 出演者紹介】 [日々のこと]


image-20180525112018.png

『道頓堀心中冥土往来』出演者紹介の5人目は緊急参戦の近藤ヒデシさん! 演じていただくのは、僧侶・天善。

今作の主な舞台はお寺と遊郭。今の應典院あたりは、当時の大阪の都市部の南端で、墓地や刑場・遊郭・芝居小屋なんかは、都市部の端っこに追いやられてたんですね。

北端が梅田あたりとか、近代に大阪の都市部が広がるにつれて、梅田もなんばも今の賑わいとなるわけですが、「いかがわしい」場所だったんですね。

そういう文脈における、お寺と僧侶。もう何度もご一緒させていただいてる近藤ヒデシさんが、なんともひらりひらりと描き出してくださいます。


1人称が「私」で、2人称が「あなた」。人は死んでやがて忘れられる、3人称になる、のではなくて「ご先祖さま」などの2.5人称になるのだ。という言説を聞いたときには、なるほどと思いました。

そこには、日本ではお寺という存在、装置、場、の働かせる機能が欠かせないんじゃないかと思ったりします。

應典院という寺で上演する、寺が舞台のお芝居で、僧侶を「演じて」いただくわけです。いやー! これはなかなかスゴイことになっとります!

ボクの演出で近藤ヒデシ出演は何度も観たわー、いう方にもぜひぜひ観ていただきたいです! もちろん、初見の方もぜひぜひぜひ!

+ + + そう悲嘆したもんでもないで。 + + +

應典院寺町倶楽部主催事業
第70回寺子屋トーク
艶笑喜劇『道頓堀心中冥途往来』
【演劇公演とトーク】
作:陸奥賢
演出:戒田竜治(満月動物園)

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/

日程:2018年
6月2日(土)17:00
6月3日(日)11:00/16:00
※受付・開場は開演の30分前
※各回終演後にはアフタートーク的シンポジウムあり
ゲスト:2日17:00 秋田光彦(浄土宗大蓮寺・應典院住職)
3日11:00 佐々木ヤス子(女優/寺の娘)・泉寛介(baghdad café 作・演出)
3日16:00 秋田光軌(浄土宗應典院 主幹)


出演:
白井宏幸(ステージタイガー)
髙道屋沙姫(かまとと小町)
ルーデルマン大地(遊劇舞台二月病)
浦長瀬舞(劇団冷凍うさぎ)
河上由佳(満月動物園)
殿村ゆたか(Melon All Stars)
近藤ヒデシ (CONPLETE爆弾)

佐々木ヤス子 ※声の出演

会場:浄土宗應典院 本堂

チケット:日時指定・自由席
前売 2,800円/当日 3,000円
ペア 5,000円(前売のみ)
應典院寺町倶楽部会員 2,000円

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/


備忘録として [日々のこと]

うーん。トンボリ心中、出演者紹介の最中なんだけど備忘録的に、ちょこっとだけ。

◉日大アメフト選手・監督・コーチの衝撃会見で露呈した「問題の根源」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55811

この記事を読むと『日勤教育』を思いだします。あれです、JR福知山線脱線事故で運転手を追い詰めてたとされてたヤツです。

『日常的なハラスメントと人格否定を繰り返し、学生を異常な行動に追いやった』というくだり、まさに『日勤教育』を彷彿とさせるのです。

かつて「人格否定」が有効な教育や指導だった時代、というものがあったとしましょう。仮にね。では、「人格否定」に耐えられず【異常な行動】に追いやられるボクたちは、かつての若者たちより弱くなったんでしょうか?

(自分を若者扱いしてるのはさておき、ボクもそんな環境に置かれて「異常な行動」を取らずに済ませられるかは、はなはだ心許ない)

ボクはそうではないと、思います。「かつての若者」が生きた社会は今よりもっともっと無規範であったろうと思うのです。さらに言えば、江戸時代より、平安時代より、今の方が「規範」はずっとずっとしっかりしてる、、、、それは話を広げすぎか。

戦直後から立ち直る過程で、規範は形づくられ続けている。「かつての若者」が無規範であったというのではなく、周りを取り巻く環境が無規範だった。

そこに規範を形づくり、より誰もが生きやすい社会へと進んでいるんだと思う。まだまだ不完全なところはあるし、これからなところもある。ダメなところを挙げるとキリがない。でも、確実に進んでいるとボクは感じてる。

その規範が確立した中で生まれ育てば、「規範に対する遵守意識」は当然備わる。【誤った規範】でも、なんとか寄り添おうとしてしまう。

そこにつけこむヤツが出て来る。

「規範に対する遵守意識」があって困ることなんか思い当たらない。それは弱さではない。【人格否定に依って立つ規範】がそもそも間違いで、弱さと整理するのは間違っている。と、ボクは思う。
規範を遵守する強さを備えている。

JR西日本は脱線事故という大惨事がなければ、今でも『日勤教育』を続けていたんじゃないか? と思うことがある。あの時、日大は【人格否定が教育にも指導にもならない】ことを学ばなかった。そして、ひとつ躓けば大問題になることに気がつけなかった。

いや、ほんとは神戸製鋼の偽装してた人らは、姉歯問題のとき何を思てたんやろか? とか、ちょっと聞いてみたいことはいっぱいある。

「規範」が進化していることに気づけなかった。(姉歯問題はもっともっとヒドイ話だったけど)

そして、つけ込むヤツが出てくる。まあ、だいたいは内弁慶もいいとこなんで、逃げたら仕舞いなんだけど、逃げたくなかったり、その中での自己実現を夢見る人が食い物にされる。

ええから逃げなはれ、とは思うが、他人事すぎるかな。アメフト頑張りたいという思いを否定するこた出来ない。電車の運転手さんになりたいという夢を否定することはできない。実のところ、遠いところからでは、なんて声をかけたらいいのか分からない。


今回、加害者側の選手の会見は、新しい規範の礎になる予感がある。対して、日大の振る舞いは、特になにも生まない気がする。

事前の話は、たとえば『日勤教育』に学ばなかっただけだし、事後の話は、たとえば『雪印』に学ばなかっただけ。なんか、新しみが見つからない。ただただ、アホやなー、ヒドイなーと思う。

これを機会に、ああいうのが一掃されていってほしい。まあ、もはや改心とか期待しないんで退場しなはれ。あと、神戸製鋼を機会にデータ偽装とかやめなはれ。

あと20年もすりゃ、あの監督の年齢になってしまう自分も戒めておきたい。

白井宏幸【トンボリ心中 出演者紹介】 [日々のこと]


image-20180525030648.png

『道頓堀心中冥土往来』出演者紹介の四人目は、これまた初めましての白井宏幸さん! 歳も近いし、接点も多かったのにご一緒するのは初めましての白井さんです。

緩やかさと切れ味が併存するのが白井さんの魅力だと思っていて、今作でも遺憾無く発揮してくださっています。

「旦さん」と呼ばれる存在の緩やかさと、物語を静かに深く側面から穿つ切れ味。六兵衛やお妙など、江戸時代・大阪の庶民の物語に、いわばアンチテーゼとして登場してくるブルジョワの旦さん。物語に深みを加える役を演じていただきます!

ぜひとも、劇場でご覧ください!


+ + + 如意輪観音ごっこ。 + + +

應典院寺町倶楽部主催事業
第70回寺子屋トーク
艶笑喜劇『道頓堀心中冥途往来』
【演劇公演とトーク】
作:陸奥賢
演出:戒田竜治(満月動物園)

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/

日程:2018年
6月2日(土)17:00
6月3日(日)11:00/16:00
※受付・開場は開演の30分前
※各回終演後にはアフタートーク的シンポジウムあり
ゲスト:2日17:00 秋田光彦(浄土宗大蓮寺・應典院住職)
3日11:00 佐々木ヤス子(女優/寺の娘)・泉寛介(baghdad café 作・演出)
3日16:00 秋田光軌(浄土宗應典院 主幹)


出演:
白井宏幸(ステージタイガー)
髙道屋沙姫(かまとと小町)
ルーデルマン大地(遊劇舞台二月病)
浦長瀬舞(劇団冷凍うさぎ)
河上由佳(満月動物園)
殿村ゆたか(Melon All Stars)
近藤ヒデシ (CONPLETE爆弾)

佐々木ヤス子 ※声の出演

会場:浄土宗應典院 本堂

チケット:日時指定・自由席
前売 2,800円/当日 3,000円
ペア 5,000円(前売のみ)
應典院寺町倶楽部会員 2,000円

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/


前の10件 | - 日々のこと ブログトップ
スポンサードリンク
Copyright © ネムリノソコ All Rights Reserved.