So-net無料ブログ作成

『レクイエム』全日程、終了しました! [日々のこと]

『レクイエム』全日程終了いたしました。お忙しい中、足を運んでいただきました皆さま、ありがとうございました。

スペドラの最後に花を添えるために組まれた、1回目の優秀劇団である鹿殺しと2回目の優秀劇団である満月動物園とのコラボ公演、丸尾くんとのコラボでした。

こういうカタチで区切りをつけられることは、意外に人生では稀なことのようにも思いますので、かなり幸福なことなんだろうと思います。

なんやかやで有耶無耶に自然消滅的に終わっていくことも多いと思っておりまして、明確に記念碑的な作品を作れたのは、巡り合わせの妙とスペドラ主催の應典院寺町倶楽部さんの志の高さのおかげでありましょう。

そして、その「区切り」に全力投球で参加してくださった俳優陣。全力投球の全力疾走で一緒に駆け抜けていただきました。

あまりぶっちゃけることでもないのですが、正直、まったくミスのないステージはありませんでした。それでも『守りに入るな』『攻め続けよう』と言い続けたのはボクで、俳優陣はそれに応え続けてくださいました。

『落ち着いて』『丁寧に』と指示することは一度もありませんでした。ボクの現場では珍しいことです。その責はすべてボクにありますが、ボクが観たかった景色まで、俳優陣に連れて行ってもらいました。ありがたい限りです。

そしてスタッフ陣。ありていに言えば『いつもと違う』満月動物園を、しっかりと支え続けてくださいました。もうなにもかもがタイトな中、きっちりと立ち上げてくださいました。

ところで、これまでの満月動物園の公演では考えられないくらいに、アンケートやSNSでいただいた感想に幅がありました。それも、丸尾脚本の間口の広さということなんだろうと思います。

それぞれがそれぞれの物語を持ち帰る、そんな間口の広さがあればこそ1万人を動員するような劇団に成長していったんだろうと、納得するものがありました。

あなたの「ハマダヨウコ」はどんなでしたでしょうか?

そんな中でも、戒田脚本の方が好きというお言葉もチラホラいただきまして、それはそれで嬉しくもありました。丸尾脚本は鹿殺しで楽しまれるのが一番です。

まだ、ボクの耳に届いてないだけかもしれませんが、『丸尾脚本をこんなふうにやりやがって』という鹿殺しファンの方の声がなかったことに、胸をなでおろすところもあります。大事な友だちである丸尾くんや鹿殺しさんの足を引っ張るようなことになるのはイヤだったので。

2003年の1回目のスペースドラマから始まった、丸尾くんや鹿殺しさんとの物語にひとつの区切りがついたことに、肩の荷を下ろした感があります。出来て良かった。

劇団員の河上も諏訪も西原も、今回の機会がなければあんな役に巡り合うこともなかったかもしれません。多分に滋養となることでしょう。

河上といえば、片岡自動車工業さんのゴールデンレトリーバーからのハマダヨウコという振れ幅よ。丹下ちゃんのウガツからの石橋もそうだけど。丹下ちゃんが「脳がいたい、脳がいたい」といいながら頑張ってくれたのもありがたい限りです。
二人とも、すでに頑強な俳優としての足腰がさらにビルドアップされた感じです。一歩がデンプシーロールを身につけたときのようです。ガゼルパンチだけじゃ不満なのかよ的な。

諏訪のガチなダンスを作品に取り込めたのも嬉しかった。楽屋での佇まいもダンサーさんのもので、心地よい緊張感を身にまとっていました。

コーラス部設定は西原のウタを作品に取り込むために丸尾くんと話し合って決めたものです。最後の独唱は胸に刺さりました。みじめさをあんなに美しく体現できるとは新しい発見でした。でも、痩せろ。

戎屋海老さんは、若い頃から憧れの俳優さんで、でも実はこんなにど真ん中に立っていただいたのは初めてでした。やっぱり好き。最大に好きなところは笑顔です。なんなんでしょうね。悪意のかけらも感じさせないのに、ザワザワさせられるあの笑顔。

近藤ヒデシくんとは長い付き合いですが、今回ほど難航した作品はなかった。でもおかげで観たことないヒデシくんになってたとボクは思ってます。役に対するアプローチが普段と全然違う。たどり着いたところが普段と似てたとしても。

中村ゆりさんがあのポジションに控えていてくださることが、どれだけ安心できたか。単なる賑やかしのようになってもおかしくないポジションを、作品世界の基盤にまで持っていってくださったのは、ゆりさんのチカラでした。基盤は基盤であるが故になかなか気づかれませんが、本当にすごいことやってくださいました。

湯山佐世子さんとはヒョンなカタチで知り合いまして、トントントンと出演いただくところまで行きましたが、実にキュートでかつクレバーで、ご一緒できて嬉しかったです。

笹川も劇団員としては初めての本公演で、実力者ばかりに囲まれて良い経験になったことと思います。これからが楽しみです。

それから、声の出演をしてくれた乃神亜衣子(井上亜紀)は満月動物園の旗揚げメンバーで今は東京で声優さんをされてますが、17年ぶりに一緒にやれましたし、本番初日には東京から駆けつけてくれて、打ち上げまで残ってくれました。同じく旗揚げメンバーである原典子と一緒にクレジットに名前を載せられたのが嬉しかったなー。

アフタートークゲストにお招きした浦部さんは大学の先輩で(10年以上先輩ですが)、ボクや河上の初舞台から観ていただいていますし、本当にたくさんのことを教えていただきました。照明の増員として初めてギャラをくださったのも浦部さんでした。あの5000円嬉しかったなー。ここで改めてボクの作品を浦部さんの言葉で語っていただけたのはとても嬉しかったです。

このお二人だけでなく、『区切り』の公演に様々な方々にお立ち会いいただけたことを幸甚に感じます。

ボク個人的には次に進むための区切りという訳ではなかったので、今のところ次のことは思い描いておりませんが、ゆっくりと『レクイエム』を咀嚼し反芻し、次に向けて腰を上げていこうと思っております。

つらつらと長文になってしまいました。

皆さま、本当にありがとうございました。

本日11日、千秋楽です。 [日々のこと]


image-20170611003827.png

監禁ホラーである。最初に丸尾くんと公演自体の打ち合わせをしたのは東京のサンシャイン劇場のロビーでした。それから最初に作品内容の打ち合わせをしたのは應典院のロビー。

寺院劇場・應典院に相応しく「祈りの場」の物語にしようと打ち合わせた、監禁ホラーである。

作品構想を聞いて「純愛の話やから」と言われ、あまりピンと来てなかったけど、脚本届いて読んだだけで涙のこぼれた監禁ホラーである。

まもなく幕の開く、十年の純愛・監禁ホラーである。

こんなにガッツリ丸尾くんとやることは、もう二度とないやろなぁと二人とも薄々思いつつ、最初で最後の作品になるであろう、監禁ホラーである。

とにかく、二度とないだろうから、どうしても観てほしい監禁ホラーである。まぁ、色々とご事情はあろうかと思いますが、とにかく二度とないんだぜ?

丹下真寿美が、戎屋海老が、中村ゆりが、湯山佐世子が、近藤ヒデシが、河上由佳が、西原希蓉美が、諏訪いつみが、笹川未希が、丸尾丸一郎の新作書き下ろし脚本で、ワタクシ戒田が演出で演じることなんで、二度とないと思うんだ。

そして、ゼヒ観てほしいと胸を張れる作品に仕上がってきた。

俳優さんひとり一人に、こんな丹下真寿美二度と観れないかも? こんな戎屋海老二度と観れないかも? こんな西原希蓉美二度と観れないかも? こんな河上由佳二度と観れないかも? ...と、思いながら演出席に座っています。

色んなご事情は、観たあとからでもどうにかなるかもしれませんが、『レクイエム』は、とにかく、二度とないんだぜ。

明日はまだお席がご用意できます。

ゼヒ観てほしい。

とにかく、二度とないんだぜ。


+ + + 十年の純愛、監禁ホラー + + +

應典院舞台芸術大祭space×drama◯参加
満月動物園『レクイエム』
戒田竜治:演出
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し):脚本

6月9日(金)?11日(日)
シアトリカル應典院

?特設サイト
http://www.fmz1999.com/28th/

ガツンといったるでー! [日々のこと]


image-20170605000417.png


怒涛のように稽古してました。縁劇フェス、チラとも顔を出せず。無念。

最終調整局面だけど、振り返ってみて、ほんとに演技指導をしてない。演出の方向性を示せば、俳優陣が怒涛のようにそっちに向かって突き進んで組み上がっていく。

猛者ぞろいに感謝。

その上で、今回は俳優陣それぞれに「ない引き出し」を開けるところを求め続けていて、叱咤激励の日々々々々(「ひびびびびび」と読んでほしい)。ひたすら励ます。

気を抜けば「手近い引き出し」を開けてしまう。それはサボってるんじゃなくて、習い性というやつ。

ついに皆さんが「ない引き出し」のノブをガッツリ握り込んで全開直前というところまできた、本番前最後の週末。

でも、それって「開けたことない」だけだったりするんですよね。ボクも演出として、自分の開けたことないところを開けようとしてる。俳優陣も開けようとしてる!

期待が膨らむ、最後の週末を過ごしました!

泣ける、監禁ホラー。

いよいよ、次の金曜日!
6月9日、初日です!

ガツンといったるでー!


+ + + 十年の純愛、監禁ホラー + + +

應典院舞台芸術大祭space×drama◯参加
満月動物園『レクイエム』
戒田竜治:演出
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し):脚本

6月9日(金)〜11日(日)
シアトリカル應典院

◉ご予約・詳細
http://www.fmz1999.com/28th/



つまずくのは、進んでいる証し。 [日々のこと]


image-20170531234955.png


満月動物園が本公演でボク以外の方のホンをやるのは初めてで、キャスティングするときに、一度はボクの演出を受けたことがある方、という基準で選んだ。

まったく初めましての俳優さんと、まったく初めてのことをやるのはちょっとなぁと思ったから。一発つまずいたら、転びっぱなしになりかねない(そんな経験もある)。

その上で、丸尾くんと役のイメージを相談してキャスティングしたのが今回出演していただいている9人の俳優さん。

昨日はプロデューサー/映像監督の相内さんが観に来てくれての通し稽古でした。相内さんも面白くなりそうとツィートしてくれてはりましたが、ほんとそう。

俳優さんそれぞれを観ると、つまずきがあったりするんだけど「そのつまずき方、知ってます」という妙な信頼がある。もう、そのためのキャスティング。まさに、つまずいているのは進んでいる証し。進まなきゃつまずきもしない。

最終コーナーから始まったような稽古だけど、最後の直線を全速力で駆け抜け始めた。

泣ける。

丸尾くんのホンに出てくる人たちって、いつもホント馬鹿だなぁって思っちゃうけど、愛せる。馬鹿だから愛せるのか、愛せるほどに馬鹿なのか。

泣ける、監禁ホラー。

来週です。


+ + + 十年の純愛、監禁ホラー + + +

應典院舞台芸術大祭space×drama◯参加
満月動物園『レクイエム』
戒田竜治:演出
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し):脚本

6月9日(金)〜11日(日)
シアトリカル應典院

◉ご予約・詳細
http://www.fmz1999.com/28th/


内蔵兵器が大量に発掘される [日々のこと]


image-20170529002917.png

怒涛の週末が終わる。ザクザクと進む。たぶんこれは純粋にスケジュール的なことで『本番でなにを行うのか』をベースに稽古が進行している。

急ピッチで屋台骨が組み上がっていく。壁を塗り始める。この進行は意外にキライではない。俳優さんに負担をかけてしまっているけど、前向きにいうなら『負荷』ということになるのかもしれない。

屋台骨の組み上げが急ピッチな分、俳優さんが抱く「迷い」が、有効な余白として機能している。こんなこともあるのかと、変な発見と納得。

普段は【有効な余白】をボクの方で織り込んだ作り方をするのだけど、今回はボクの方が急ピッチ。「余白が作れてねぇーなぁー」と思っていたんだけど、俳優さんがそれぞれに必要な余白を自分で確保してくれている。さすがの厳選メンバー。

チカラワザの演出プランにも食い付いてきてくれていて、ありがたい限り。

ワンシーンずつ、出来るだけ丁寧に作り込んだ日。予定してたより進まなかったけど、大切な日。

◉本日のハイライト
丹下ちゃん内蔵の色気にゾクっとくる。河上内蔵の笑顔にゾクっとくる。希蓉美ちゃん内蔵のスゴミにヒヤリとさせられる。中村ゆりさん内蔵の「場の支配力」に感服する。諏訪標準装備のカッコよさに呆れるほど見とれる。

みんなこんな強力な武器を隠し持っとんたんかーい!!!


+ + + 十年の純愛、監禁ホラー + + +

應典院舞台芸術大祭space×drama◯参加
満月動物園『レクイエム』
戒田竜治:演出
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し):脚本

6月9日(金)〜11日(日)
シアトリカル應典院

◉ご予約・詳細
http://www.fmz1999.com/28th/



初通しと、消防車。 [日々のこと]


image-20170528020451.png

『レクイエム』の初通し稽古が終わりまして、有志の俳優さんたちとちょっぴり飲んだりして、全貌に手応えを感じる1日になりました。

進行方向とその熱量と、パワーだけが溢れる状態だけど、確実にひとつの場所めがけて前進を続けております。

よく例え話に出すんだけど、消防車のホースから勢いよく水が噴き出すのにホースの先に消防士さんがいないと、ホースはグワングワンのたうちまわると思うんです。

今はそんな状態。パワーだけはすごい勢いで噴き出してる。ホースはのたうちまわってるので、あらぬ方向を向いて噴き出すこともある。けど、方向を定めるためにパワーを落とすようなことはしたくない! 噴き出すパワーに負けない熱量でホースの先をガシッと握りしめたい!

握りしめるのはボクだけでは無理で俳優さんもみんなでチームでガシッと握りしめる! 勝負は噴き出すパワーとの勝負だったりする。

ただ、噴き出すパワーの確かさを手応えできたので、初通しとしては満足。このパワーをパワーのままに、乗ってみよう。

分かりやすくパワー言うたけど、ホンマはエモーショナルや。噴き出すエモーショナル。

行くで、これしかし!


◉本日のハイライト
生(き)の西原希蓉美に全員の腹筋が崩壊。戎屋海老さんのハニカミ笑顔に全員が和む。


+ + + 十年の純愛、監禁ホラー + + +

應典院舞台芸術大祭space×drama◯参加
満月動物園『レクイエム』
戒田竜治:演出
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し):脚本

6月9日(金)〜11日(日)
シアトリカル應典院

◉ご予約・詳細
http://www.fmz1999.com/28th/



共有と同意と苦笑、そして共感、 [日々のこと]


image-20170527032650.png

観ていただいて『自分だけの物語』を心の内に展開していただくのは、それが良きにつけ悪しきにつけ、冥利というヤツだと思う。

まぁただ、それに同意を求められても苦笑いで返すしかないこともあります。

その点、アイドルさんとかやられてる方は偉いなぁと。思春期の方なんて『自分だけの物語』中毒みたいな時期、そんなお客様にもニッコリ返すのはほとほと偉いなぁと。

とはいえ、滅多刺しにされた事件とかあったりとかして、『自分だけの物語』に他人を巻き込まないで、と心から思うのです。

大切な『自分だけの物語』は胸の内に秘めておいてください。その起点になったのがボクの作品(物語)だったとしても、その『あなただけの物語』に同意できるとは限りません...m(_ _)m
ほんま、ごめんなさい。

それでもなお、ボクのつくったものと関係なくてもそこを起点に『あなただけの物語』を抱いていただくことは冥利だと思っています。

最近観たお芝居への見当違いとしか受け止められない【ただの感想】をTwitterで読んで、苦笑い。胸の内に秘めとけよ(苦笑)。あ、スペドラの感想ブログのことじゃないですよ。

でも、『レクイエム』はそんな『自分だけの物語』が交錯する物語でもあります。そして、それって多分、本当はよくあること。

最近、ビジネスシーンでも【共有】って言葉が氾濫してるように思うけど、やっぱ、共有してもらえない、共有できない『自分だけの物語』をみんな胸の内に秘めて生きてるよね。

【純愛】なんてその当事者になったら、その想いを、共有できるのかどうか、共有できないのかどうか、どうなのか、ビミョーなところですよね。。。

これが、観客席から観る分には感動できてしまう、あら不思議。演出席からでも感動してしまう、あら不思議。

共有できない想いだからこそ、共感できる、そんな物語に挑んでいます。

心洗われる、監禁ホラー。

まもなく!



+ + + 十年の純愛、監禁ホラー + + +

應典院舞台芸術大祭space×drama◯参加
満月動物園『レクイエム』
戒田竜治:演出
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し):脚本

6月9日(金)〜11日(日)
シアトリカル應典院

◉ご予約・詳細
http://www.fmz1999.com/28th/


なにもかもが、全力です。 [日々のこと]


image-20170527015730.png

おつかれさまです。満月動物園、戒田です。...で書き始めるメールが激増してきて、嗚呼、本番近いなぁと思う今日この頃。

長年やってきて、というか思わず長年になってきて知恵もつく。急ぎ仕事のときには急ぎ仕事のアプローチがあるわけで、まずはしっかりと外形というか骨格というか、そこに手をつける。肉付けはあとまわし。

そんな、骨格を打ち立てる時間と肉付けの時間との「はざま」のような、今日の稽古。

最初にミーティングの時間をとって、脚本構造への理解の共有をはかる。ミーティングと言ってもボクが喋り続けただけなんだけど、これはこれで大事な時間。

脚本構造というか物語というか、芯の部分を共有する時間をとって、肉付けが捗る。芯の部分が共有されてないと、なんらかダメ出ししたり指示したりしても、なんでソレを言ってるのかが伝わらなかったりするから。

そして、骨格から肉の厚みが出てき始めた。そーそー、それそれ。

ホラーと公称するだけあって、感情の流れに脈絡がない部分が多々ある。でも、純愛だって恋だって、脈絡ないものだろうさ。脈絡ない飛躍を構築する時間はなかなかにエキサイティングだ!

だいたい脈絡の話ばかりする演出家だと自認するんだけど、「脈絡ない」という脈絡だって大事にしますとも。

明日は、初めての通し稽古。いや、うまくいかないための通し稽古と言っていい。本番をうまくいかすためには、必要な時間です。

本番14日前だ!

想定以上のスピードではないけど、着々と出来上がっていってる、『レクイエム』の世界。

これはゼヒ劇場でお楽しみいただきたい。

なにもかもが、全力です。

image-20170527015746.png

+ + + 十年の純愛、監禁ホラー + + +

應典院舞台芸術大祭space×drama◯参加
満月動物園『レクイエム』
戒田竜治:演出
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し):脚本

6月9日(金)〜11日(日)
シアトリカル應典院

◉ご予約・詳細
http://www.fmz1999.com/28th/



河上由佳も合流! さぁ、歌うで! [日々のこと]


image-20170525011339.png

片岡自動車工業さんに出演させていただいていた河上由佳が『レクイエム』に本格復帰しまして、昨日はキャスト9人全員がそろっての初めての稽古。

昨日、今日で作品の大枠をザザザーッと総ざらえ。俳優さん方ひとりひとりがキャスティングの狙い通りにパチリとハマってる。あ、パチリとハマらないだろうな、という目論見も含めてパチリとハマってる。

丸尾台本で人の抱く「みじめ」という感情・感覚は踏み外せない。「みじめの美学」とでもいうべきものが流れている。「美学」にまで踏み込むのに、まずは「みじめ」に踏み込み突破しないといけない。

「みじめ」が「みじめ」のママに終わらず「美学」にまで踏み込むところに、丸尾くんの台本のゾクゾクくるところがある。と思っている。

「みじめ」は土台や足場でしかないけど、そこをキッチリ固めないと飛躍のしようがない。飛躍の先に満月動物園の世界観を展開するのであって、土台をこねくり回すようなことをしても、まあまず、いいことがない。

そして、大ジャンプ出来そうな足場の地固めを駆け足で終えた。

どうしてもこのメンバーで迎え討ちたかったという厳選メンバーだ。レスポンスがいい。打てば響く。

ここから楽しい楽しい作り込みの時間だ!

さあ、歌うで! 『レクイエム』


+ + + 十年の純愛、監禁ホラー + + +

應典院舞台芸術大祭space×drama◯参加
満月動物園『レクイエム』
戒田竜治:演出
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し):脚本

6月9日(金)〜11日(日)
シアトリカル應典院

◉ご予約・詳細
http://www.fmz1999.com/28th/

サイコーサイコー! [日々のこと]

あまり自慢できる話ではないのだけど、ボクはあまり芝居を観に行かない。ほんとに自慢できないな。

そんなのなんですが、今週は3作品も観た。匿名劇壇さん、片岡自動車工業さん、羊とドラコさん。

1週末に3作品も観たの自体が何年振りか分からない。どれも面白かったし、行って良かった。

けど、今は『レクイエム』の製作中でもあるので、『レクイエム』匿名劇壇『レクイエム』片岡自動車工業『レクイエム』羊とドラコ『レクイエム』という感じ。

どれも混じり合わずに、それぞれが自分の中に残ってる感じが、意外と心地よい。なんだこの今さらな発見。

『レクイエム』稽古中はスッパリ頭の中から消えてたのに、今、寝床に入るとどれも鮮やかに蘇る。『レクイエム』の稽古もね。

いくつものことに同時に集中できる、なかなかに幸福な週末でした。

それは拝見した3作品がどれもサイコーに名作だったからに違いない!

『レクイエム』も名作にするで! サイコーサイコーな名作にするで!


+ + + 十年の純愛、監禁ホラー + + +

應典院舞台芸術大祭space×drama◯参加
満月動物園『レクイエム』
戒田竜治:演出
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し):脚本

6月9日(金)〜11日(日)
シアトリカル應典院

◉ご予約・詳細
http://www.fmz1999.com/28th/



スポンサードリンク
Copyright © ネムリノソコ All Rights Reserved.