So-net無料ブログ作成
検索選択

観に来てほしい理由を包み隠さず書いてみたので読んでほしいです。 [日々のこと]


image-20170404230717.png

今週末の『戯曲×恋愛 愛情マニア』には【企画・技術】という、分かったような分からんような肩書きでクレジットされてますが、要は「最後のスペドラなのにサリングさんの名前がないのん寂しいから泉くん『愛情マニア』でなんかやってよ」と泉くんに言い(企画)、当日は音響と照明をやっております(技術)。

自分とこの公演ないなら自分でやってたと思うんですが、さすがにそれはツライので泉くんにお願いしてみたら、シアトリカルフォーラムという形態にトライしたいというのは泉くん。スペドラ、最後まで攻めるなぁ、って感じ。

音響と照明やってたりするんで、稽古見に行ったんですが、いや、これ面白いですよ。ホントに。

まず、やっぱり『愛情マニア』が面白い。傑作や。

それから、俳優がいい。みんな、いい。

で、その上演を元にしたトークが面白い。いわゆるアフタートークとは違います。

ここが、「シアトリカルフォーラム」という形態。

アフタートークって脚本とか演出とかが焦点になりがちでしょ? じゃなくて、俳優にダイレクトに聞く。

聞くどころかディスカッションを吹っかける。

それも、全部上演が終わった後じゃなくて、途中でシーンを止めて『今、どんな気持ち?』とか聞かれる。

やばい。

これ、面白い。

と、稽古に行ってフツーに思ってしまった。

演じてるテンションのとこに、「素」のというか現実のテンションの人が割り込んでくる。作品の演出じゃなくて、ガチで割り込んでくる。

俳優が演じてるところから自分に戻る瞬間を見れるのって意外に稀有な体験だと思う。

上演後のお見送りとかで、戻った後はよく見れますが、なんならカーテンコールもそうだったりしますが、戻る瞬間っていうのが稀有。

そっからガチトークですよ、ガチ。

俳優さんの価値観とか暴かれ晒されまくり。パネリストさんも入って、ガチで斬り込んで来るだろうし、ディスカッションのあとシーン再開したら、確実に演技というか解釈というか影響出てるよね。

それもこれも、芝居自体が面白いから惹きつけられる。

いや、これ。絶対、観た方がいいっス。

キャストも豪華やし、それで1500円。いやー、2回とも観ても3000円ですよ。

2回とも観て欲しいなー!!!!

2回でキャストがまったく違うし、まあガチのトークになったら1回しか出来ないよね。2回目はどこかウソクサくなりそうだし。

2回とも観たら、いろいろいろいろいろいろ、な演劇のこと体感出来ると思う。

もちろん1回でもいろいろいろ体感出来ると思います。

個人的には4/8版の佐々木ヤス子さんにヤられました。こんなイイ女優さんやったんや。何回も観てるハズやのに自分の目のふし穴度に慄くばかり。こんなの隠してはったのかー(不勉強)。すごいなー。

4/7に予約してる方! 8日も観てください! お席に余裕があります! なんてもったいない話だ。満座の客席で観てもらいたい。


というのを、一言で伝えられるコピー能力が欲しい。糸井重里とかにお願いしたらスゴイの出てくるのかな。

▼ご予約とか詳細とかトリセツとか
http://dlvr.it/NnMDQT


+ + + 日曜はない。要注意。 + + +

スペドラ◯ プレ企画
シアトリカルフォーラム
『戯曲×恋愛 愛情マニア』
4/7金 19:00
4/8土 13:00
料金1500円
シアトリカル應典院
https://goo.gl/cYAamE





崖、わたった [日々のこと]

『崖をわたる』が終演いたしました。こんなに色んな多岐にわたる思いが駆け巡った公演も久しぶりだったかもしれません。

いやー。いろいろいろいろ考えたなぁー。

けれども、やっぱり芝居は板に乗ったものがすべてと思うところがあって、あの板に上がったものについて悔いはないし満足だし反省も得ました。

あんなに暗喩だらけの脚本を書くことなくなってるし、演出することもなくなってるし、創作の現場では暗喩を「暗」のままには出来ないワケで、対お客さまにおいては暗喩でも、俳優さんに対しては「察しろよ」で終わるワケにはいかないので、暗喩を解体解体再構築再構築の連続で、まあ、アタマがねじ切れそうでした。もっと普段から働かないとあかんなぁ。という反省とか。

日常生活において人間が口に出すことなんて、アタマで考えてることの1割もあるのかよってのがダイレクトに脚本に乗ってる頃の脚本でした。
最近書くホンは3割くらいは口に出してることになってる、かな?

セリフは演技の助けにならず、「言葉」にいたる過程がすべてという、セリフに書かれてないことをカタチにしないと成立しない脚本に、笹やんも希蓉美ちゃんもよく挑んでくれたと思います。

いい公演でした。

増席しないといけないほどに、たくさんの方に観ていただけて幸せでした。

ありがとうございました。

『レクイエム』に向かいます。

今日、崖をわたります [日々のこと]

image-20170328010147.png

『崖をわたる』の最終稽古が終わりまして、いよいよ本番です!

3/28火 18:30 / 19:10 / 19:50
インディペンデントシアター1st

実はありがたいことに、どの回も漏れなく完売スレスレです。ありがたや。

笹川未希も西原希蓉美もこれまで巡ることのなかったであろう役に、これまでにない魅力を放ち始めた最終稽古でした。

明日(日付変わって、今日)の本番ではMAX輝いてくれることでしょう。

もう、皆さん遠慮なさらず全ステージ完売にしていただいていいんですよ!

火曜日の晩に日本橋インディペンデントシアター1stでお待ちしております。

わたります。


+ + + わたります。 + + +

火曜日のゲキジョウ「30×30」参加
笹川未希×西原希蓉美ふたり舞台
満月動物園『崖をわたる』
演出・脚本:戒田竜治

3/28火 18:30 / 19:10 / 19:50
前売:1800円 / 当日:2000円
於:in→dependent theatre 1st

詳細・ご予約
http://goo.gl/ArUYDz

image-20170328010157.png



自分の本気に震える [日々のこと]


image-20170317021721.png

書こうかどうか迷ったんだけど、たった今、夜中に一人なので何も気にせず、思い切りくしゃみしたら、iPhoneのSiriが立ち上がった。

ボクの本気の「へっくしょん」は「Hey Siri」と同じ音らしい。。。

くしゃみしたら、iPhoneから「はい。聞いていますよ」と話しかけられた衝撃。

聞かんでええわーっ!

どう受け止めたらよいか分からない事態に、とりあえずゆっくり考えようかとブログに書いてみた。

自分の中に眠っていた能力に震える。なんだこれ。


+ + + 本番中のくしゃみはガマンします + + +

「30×30」参加
笹川未希×西原希蓉美ふたり舞台
満月動物園『崖をわたる』
演出・脚本:戒田竜治

3/28火 18:30 / 19:10 / 19:50
前売:1800円 / 当日:2000円
於:in→dependent theatre 1st

詳細・ご予約
http://goo.gl/ArUYDz



理屈を話すのは理屈が大事だからじゃない [日々のこと]


image-20170315014037.png


さてさて、『崖をわたる』の本番まであと2週間となりました。笹やんこと笹川未希の入団発表からも2ヶ月。あ、まだ2ヶ月なのかー。ちっともそんな気がしない。濃密な時間を過ごしているってことですね。

稽古はいよいよ佳境。仕上げの時期にさしかかってきました。改めて、役の人物像についてディスカッションを重ね、笹やんも希蓉美ちゃんもキチンと『役』を『人物』としてその胸の内に育んでいっています。

ひと一人を理解するって大変なことで、だいたい自分のことでさえ謎だらけなのに、それを読み解き体現するってことはなかなかすごいことです。俳優さんにはアタマが下がるばかりです。

胸の内にしっかりと育っていってる『役』を客席にまで届くように、稽古も最終コーナーです。最後までぶっちぎりで崖をわたっていきたいと思います!


だいたいが理屈っぽい話し方をするボクですが、理屈を説くのは理屈が大事だから説くんじゃなくて、結局、結果が良ければ特に言うことないのです。

「なんか分からんけど美しい」みたいなのも好きです。なんならホントはそっちが好きです。理屈ですべてが解き明かされるわけがないという理屈(笑

ただ、「なんか、あかん」ときには理屈でアプローチするしかないとも思っています。


笹やんも希蓉美ちゃんもそこをよくついて来てくれてて、ボクの手元からテイクオフしようとしています。このテイクオフ寸前の状態に割と醍醐味を感じたりします。

本番ではしっかりとテイクオフし、雄大に空を飛ぶ笹やんと希蓉美ちゃんをお届け出来るように全力を尽くします!!!

ぜひぜひ、ご予約お待ちしております!


+ + + 空を飛ぶ話ではありません。おんぶする話です + + +

「30×30」参加
笹川未希×西原希蓉美ふたり舞台
満月動物園『崖をわたる』
演出・脚本:戒田竜治

3/28火 18:30 / 19:10 / 19:50
前売:1800円 / 当日:2000円
於:in→dependent theatre 1st

詳細・ご予約
http://goo.gl/ArUYDz

Copyright © ネムリノソコ All Rights Reserved.