So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

幕が開く [日々のこと]

幕が開くってことが、ちょっとした奇跡なんだぜってことが、とてもとても身に染みたのが、一人芝居フェスINDEPENDENTセカンド・シーズン・セレクションの沖縄公演だったのを思い出していました。

もう、みんな積み上げて積み上げて、幕の開く瞬間に向けて準備してる。それは、お客様だって日程調整してくださったり、数ある公演の中から選んでいただいたり、その邂逅は奇跡とも呼びたくなる。

幕を対峙するすべての人が、積み上げて積み上げて、最高の時間をつくろうとしている。でも、崩れるときもある。地震なんかその最たるものだと思います。だから、開く幕はいつだって尊い。

今日の片岡自動車工業の幕は無事に開いたようで、その場にいられないのに、なんだか胸が熱い。

沖縄で、谷屋くんの「はやぶさ」の幕が開いたときの感動となんだかダブる。あの作品もたくさんの知恵がないと成立しない作品だった。(ボクの「赤猫ロック」はある意味、蛍光灯の下でも成立する作品でした。もちろんフルスペックの方がより良いけど)

たくさんの知恵と思いが交差して、幕は開く。

これからも無事に幕が開いてほしい。
感謝を捧げつつ。

今週の公演がみんなみんな成功しますように!! [日々のこと]

飛び起きた。なんじゃらほいと思ったら、緊急地震速報がビービー鳴ってて、「地震や!」と分かった。とっさに枕で頭を守ってベッドでうずくまってたら、「大丈夫!?」と妻に呼ばれた。

あそこは、ボクが声をかけるべきトコやったんやないかと、一日考えて過ごした。むー。

とか書いてたら余震。

変なもので、もっとデカイの来るんやないかと思ってるので、余震にホッとする。

満月動物園の諏訪がお世話になってる片岡自動車工業さんは、昨日の公演が中止になった。対応の素早さに敬服するのと、無念さを思うとやりきれない気持ちにもなる。

明日以降の公演が成功することを祈らずにいられない。いや、きっと成功させはることだろう。

今日からはトライアルだし、週末は應典院の縁劇フェスだ。ほかにも今週末の公演はたくさんある。

みんなみんな、想いの丈を込めて長く準備してきた本番だ。デートの時間もバイトの時間もほかに出来たであろうことの時間を削って、稽古時間を積み重ねてきての本番だ。

小劇場の本番はナリは小さくとも興行であるという面が小さくなく、カンタンに延期とかできない。

命あっての物種で、地震対策としてはここ1週間くらいは注意が必要というのは正論だけど、本番は思い切り成し遂げてほしい。

でも、安全第一で。

今週の公演がみんなみんな成功しますように!!

米朝首脳会談の思い出 [日々のこと]

人はどんな夜でも寝る。

選挙に負けた候補者。総選挙に負けた首相。

どんな思いで枕に頭を沈め、眠りの淵を渡るのか、いつも想像をたくましくしてきた。

米朝首脳会談の前夜、、、トランプ大統領はシンガポールのたぶん初めてのホテルで、どんな思いで眠りについたんだろう、と思いを馳せていた。。。



会談後の記者会見。

トランプ「25時間寝てないが...」



寝てなかったんかーい。と思った。



結構、想像力をたくましくしてたのに...orz


というだけの話。



俺なり米朝首脳会談の思い出。


おそまつ。


トンボリ心中、無事に終演いたしました! [日々のこと]


image-20180604012946.png

『道頓堀心中冥土往来』無事に全日程を終えることができました。毎回、たくさんのお客様に足をお運びいただきまして、ありがとうございました!

たくさんの想いが結集した舞台に、やはり舞台は役者さんとお客様のものだなぁと感じられる時間でした。

背景となる様々な想いは深く豊かにしてくれますが、あの時間の真実を紡ぎ出すのは、やはり俳優さんたちであり、それを受け取ってくださるお客様です。

演劇をとことん解体したなら、照明がなくても演劇だし、小道具がなくても演劇です。最後の最後は脚本だって演出だって要らなくて、演劇を演劇たらしめる最後のひとつは俳優だと思ってこれまでやってきました。

俳優さんたちのチカラが、『艶笑喜劇・道頓堀心中冥土往来』の時間を真実にしてくださいました。たくさんの稽古時間を割いて、ひとつの世界を立ち上げてくれたことに感謝しかありません。

それは、その背景となる様々に交錯する思い。仏さまのまなざし、死者と相対すること。お寺と演劇。應典院とはなんなのか。それらは「企画主旨」であったりするわけですが、それを見事に背負って舞台に立ってくれたことに、胸いっぱいです。

失うものはなにもなく、得るものばかりでした。ボクの大切な宝物を俳優さんたちが、またひとつ増やしてくださいました。

そして、脚本の陸奥さん、秋田住職をはじめとする應典院の皆さま、力強いスタッフの皆さま、さらには阿弥陀さま、たくさんのお力添えをいただきまして、舞台が立ち上がりました。改めて感謝の念を噛みしめております。

それらすべてを受け止めてくださる、お客様あっての演劇です。どうか、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

大切なお時間を割いて、足をお運びいただきまして本当にありがとうございました。なにかしらお持ち帰りいただけたなら幸いです。また、どこかでお会いできたならさらに幸いです。

ありがとうございました!

笑ったもん勝ち【トンボリ心中 まもなく!】 [日々のこと]


image-20180529013805.png

『艶笑喜劇・道頓堀心中冥土往来』、いよいよ佳境です。

なんだか、宣伝になるのかならないのか分からない話ですが、、、

愛する人と死別するというだけで充分以上に悲しいことで、仏教では「愛別離苦」というネーミングで人がどうしても避けられない8つの苦しみのひとつに数えられていたりもします。

なのに死なない人間はいないので、人が生きてる限り必ず死別の悲しさは避けて通れないわけで、せめてそれ以外のことは笑って過ごしたいなぁ、なんて、今日の稽古で思ってしまいました。

いや、お話はスカッと楽しめる『艶笑喜劇』なんですよ!!! きっと人生を笑って過ごすヒントになるような、バカバカしさ!!! だからこそ、笑って過ごしたいと心新たにしたのでしょうか!?


そして、素晴らしい俳優陣に恵まれました。【一丸】というのではありません。個々が個々に素晴らしく、個々が個々に魅力的で輝いてくれています!!!

ぜひぜひ、俳優一人ひとりを体験していただきたいと思っています!

ご来場、心からお待ちしておりますm(_ _)m

+ + + 来てね。 + + +

應典院寺町倶楽部主催事業
第70回寺子屋トーク
艶笑喜劇『道頓堀心中冥途往来』
【演劇公演とトーク】
作:陸奥賢
演出:戒田竜治(満月動物園)

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/

日程:2018年
6月2日(土)17:00
6月3日(日)11:00/16:00
※受付・開場は開演の30分前
※各回終演後にはアフタートーク的シンポジウムあり
ゲスト:2日17:00 秋田光彦(浄土宗大蓮寺・應典院住職)
3日11:00 佐々木ヤス子(女優/寺の娘)・泉寛介(baghdad café 作・演出)
3日16:00 秋田光軌(浄土宗應典院 主幹)

出演:
白井宏幸(ステージタイガー)
髙道屋沙姫(かまとと小町)
ルーデルマン大地(遊劇舞台二月病)
浦長瀬舞(劇団冷凍うさぎ)
河上由佳(満月動物園)
殿村ゆたか(Melon All Stars)
近藤ヒデシ (CONPLETE爆弾)

佐々木ヤス子 ※声の出演

会場:浄土宗應典院 本堂

チケット:日時指定・自由席
前売 2,800円/当日 3,000円
ペア 5,000円(前売のみ)
應典院寺町倶楽部会員 2,000円

◉ご予約・詳細/特設サイト
http://tonbori.toy-2.com/


前の5件 | -
Copyright © ネムリノソコ All Rights Reserved.