So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

今週末のyhs『きつい旅だぜ』をオススメします! [日々のこと]

きつい旅だぜ.jpg

幻冬舎新書の『加害者家族』(2010年/鈴木伸元)に出会ったのは、たしか2013年のことだったと思う。有名無名を問わず、犯罪加害者の家族が置かれる状況についてまとめた一冊だ。そこに描かれるのは、一夜にして社会から悪意と敵意を向けられる犯罪加害者の実際の生活だった。

読み終えて「なにか」したくなった。ただ、ボクはもともと脚本家として悪意や敵意を描くのが苦手だし、新書の中に描かれる実際の状況に触れ、フィクショナルなアプローチ、つまり、脚本化するのは早々に断念した。そこで、思い至ったのがこの新書をそのまま朗読することだった。

『仏教と当事者研究』(2014年)の関連イベントとして試演し、『反孤立へのレッスン~「加害者家族」をめぐる朗読とトーク』(2015年)、『そなえられない「災」〜『加害者家族』をめぐる朗読とトーク〜』(2017年)の都合3回上演した。

やらずにいられなかった主な動機は、せめて、どこからかかってくるのか分からない罵声の電話や、家の壁への落書き、ネット掲示板への書き込みなど「匿名の悪意」の存在を知らせたかったからではないかと、自分では思う。

加害者家族は被害者や被害者家族と向き合う前に、「匿名の悪意」と向き合わなくてはいけない。それは、少し違うのではないかと思う。


前置きが長くなったけれど、今週8/31(金)~9/2(日)にin→dependent theatre 1stで上演される、yhs『きつい旅だぜ』は加害者家族を描いた物語だ。以前、脚本・演出の南参さんに『加害者家族』の話をさせていただいたのがキッカケに製作されたのだとおうかがいした。ボクにはフィクショナルなアプローチは無理と書いたけど、札幌公演を拝見して、南参さんの手によって舞台化されたことをとても嬉しく思ってます。

『きつい旅だぜ』は、事件をキッカケにバラバラに暮らす家族が20年ぶりの再会を果たすところから始まる。と言っても、重く苦しく暗い作品という訳ではない。チラシを見ると「なんちゃってコメディ」と書いてある。

楽しくなることを禁じられた人たち。いや、禁じた人たちというべきか。20年間バラバラに暮らした家族にボクたちが普段何気なく使う言葉としての「絆」はない。

だけど、そこには確かに「繋がり」があって、徐々にそれは「絆」とも「馴れ合い」とも異なる「繋がり」であることが、じんわりと伝わってくる。その「繋がり」を過剰に重くでも、過剰に深刻でもなく、じんわりと伝えてくる南参さんの手腕に舌を巻いた。

加害者家族は、本人の為したことではないこと(家族の犯した罪)のために、ある日唐突に悪意と敵意に取り囲まれる。「犯人」は「家族」である。その「繋がり」は断つことができない。無数の悪意と敵意は家族を分断し、社会から隔絶させ、一人ひとりを孤立させる。

言わずもがなのことではあるけれど、どうしても慎重に取り扱わなくてはいけないのは、加害者家族の向こう側にいるのは加害者本人ではなく、被害者本人であり被害者家族であるということだ。ここに、加害者家族が置かれる苦しみに対して、安易に「解決」をイメージすることが出来ない壁がある。

『きつい旅だぜ』には、ほんの一瞬、さらりとだけど自然とにじみ出る家族への好意が描かれるシーンがある。安易に愛とは言えない。好意。ただ、それが自然とにじみ出る様に胸が熱くなった。なにも解決しない。時は戻らない。被害者も戻らない。

ただ、その好意はたくさんのものを伝えてくれる。あっと言う間の1時間ほど。最初から最後まで食い入るように観てしまった。ぜひ、オススメ。ぜひ大阪公演に足を運んでほしい。


yhs『きつい旅だぜ』
大阪公演

■日程
2018年 8月31日(金)ー 9月2日(日)
8月31日(金)19:30
9月 1日(土)14:00 / 19:00
9月 2日(日)14:00
※開場は開演の30分前(受付開始は開演の45分前)
※未就学児童の入場は出来ません。

■日替わり出演
 8/31(金)19:30 二朗松田(カヨコの大発明)
 9/1(土)14:00 川下大洋
 9/1(土)19:00 後藤ひろひと
 9/2(日)14:00 加藤智之(DanieLonely)

■アフタートークゲスト
8/31(金)19:30 二朗松田(カヨコの大発明)
9/2(日)14:00 青木道弘(ArtistUnitイカスケ)

■料金 [日時指定・全席自由]
【一般】前売 3,000円  当日 3,500円
【学生】前売 1,500円  当日 1,800円

■公演詳細
http://www.yhsweb.jp/next-play

■チケット取扱
ローソンチケット [Lコード 54383]
演劇パス
LivePocket  
CoRichチケット!(予約)


共通テーマ:演劇

幕が開く [日々のこと]

幕が開くってことが、ちょっとした奇跡なんだぜってことが、とてもとても身に染みたのが、一人芝居フェスINDEPENDENTセカンド・シーズン・セレクションの沖縄公演だったのを思い出していました。

もう、みんな積み上げて積み上げて、幕の開く瞬間に向けて準備してる。それは、お客様だって日程調整してくださったり、数ある公演の中から選んでいただいたり、その邂逅は奇跡とも呼びたくなる。

幕を対峙するすべての人が、積み上げて積み上げて、最高の時間をつくろうとしている。でも、崩れるときもある。地震なんかその最たるものだと思います。だから、開く幕はいつだって尊い。

今日の片岡自動車工業の幕は無事に開いたようで、その場にいられないのに、なんだか胸が熱い。

沖縄で、谷屋くんの「はやぶさ」の幕が開いたときの感動となんだかダブる。あの作品もたくさんの知恵がないと成立しない作品だった。(ボクの「赤猫ロック」はある意味、蛍光灯の下でも成立する作品でした。もちろんフルスペックの方がより良いけど)

たくさんの知恵と思いが交差して、幕は開く。

これからも無事に幕が開いてほしい。
感謝を捧げつつ。

今週の公演がみんなみんな成功しますように!! [日々のこと]

飛び起きた。なんじゃらほいと思ったら、緊急地震速報がビービー鳴ってて、「地震や!」と分かった。とっさに枕で頭を守ってベッドでうずくまってたら、「大丈夫!?」と妻に呼ばれた。

あそこは、ボクが声をかけるべきトコやったんやないかと、一日考えて過ごした。むー。

とか書いてたら余震。

変なもので、もっとデカイの来るんやないかと思ってるので、余震にホッとする。

満月動物園の諏訪がお世話になってる片岡自動車工業さんは、昨日の公演が中止になった。対応の素早さに敬服するのと、無念さを思うとやりきれない気持ちにもなる。

明日以降の公演が成功することを祈らずにいられない。いや、きっと成功させはることだろう。

今日からはトライアルだし、週末は應典院の縁劇フェスだ。ほかにも今週末の公演はたくさんある。

みんなみんな、想いの丈を込めて長く準備してきた本番だ。デートの時間もバイトの時間もほかに出来たであろうことの時間を削って、稽古時間を積み重ねてきての本番だ。

小劇場の本番はナリは小さくとも興行であるという面が小さくなく、カンタンに延期とかできない。

命あっての物種で、地震対策としてはここ1週間くらいは注意が必要というのは正論だけど、本番は思い切り成し遂げてほしい。

でも、安全第一で。

今週の公演がみんなみんな成功しますように!!

米朝首脳会談の思い出 [日々のこと]

人はどんな夜でも寝る。

選挙に負けた候補者。総選挙に負けた首相。

どんな思いで枕に頭を沈め、眠りの淵を渡るのか、いつも想像をたくましくしてきた。

米朝首脳会談の前夜、、、トランプ大統領はシンガポールのたぶん初めてのホテルで、どんな思いで眠りについたんだろう、と思いを馳せていた。。。



会談後の記者会見。

トランプ「25時間寝てないが...」



寝てなかったんかーい。と思った。



結構、想像力をたくましくしてたのに...orz


というだけの話。



俺なり米朝首脳会談の思い出。


おそまつ。


トンボリ心中、無事に終演いたしました! [日々のこと]


image-20180604012946.png

『道頓堀心中冥土往来』無事に全日程を終えることができました。毎回、たくさんのお客様に足をお運びいただきまして、ありがとうございました!

たくさんの想いが結集した舞台に、やはり舞台は役者さんとお客様のものだなぁと感じられる時間でした。

背景となる様々な想いは深く豊かにしてくれますが、あの時間の真実を紡ぎ出すのは、やはり俳優さんたちであり、それを受け取ってくださるお客様です。

演劇をとことん解体したなら、照明がなくても演劇だし、小道具がなくても演劇です。最後の最後は脚本だって演出だって要らなくて、演劇を演劇たらしめる最後のひとつは俳優だと思ってこれまでやってきました。

俳優さんたちのチカラが、『艶笑喜劇・道頓堀心中冥土往来』の時間を真実にしてくださいました。たくさんの稽古時間を割いて、ひとつの世界を立ち上げてくれたことに感謝しかありません。

それは、その背景となる様々に交錯する思い。仏さまのまなざし、死者と相対すること。お寺と演劇。應典院とはなんなのか。それらは「企画主旨」であったりするわけですが、それを見事に背負って舞台に立ってくれたことに、胸いっぱいです。

失うものはなにもなく、得るものばかりでした。ボクの大切な宝物を俳優さんたちが、またひとつ増やしてくださいました。

そして、脚本の陸奥さん、秋田住職をはじめとする應典院の皆さま、力強いスタッフの皆さま、さらには阿弥陀さま、たくさんのお力添えをいただきまして、舞台が立ち上がりました。改めて感謝の念を噛みしめております。

それらすべてを受け止めてくださる、お客様あっての演劇です。どうか、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

大切なお時間を割いて、足をお運びいただきまして本当にありがとうございました。なにかしらお持ち帰りいただけたなら幸いです。また、どこかでお会いできたならさらに幸いです。

ありがとうございました!

前の5件 | -
Copyright © ネムリノソコ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。